経済学部

 

経済学部 部長 加藤 道也

kato「大学の勉強は社会に出てみると役には立たない」という大学の卒業生がよくいます。じっさい、社会に出てみると教科書には書かれていない出来事に対応しなければなりません。教科書で学んだことしかできない人間は、はじめてのことに対して自分がどのように行動するのかがわからず、右往左往してしまいます。

教科書に書かれていない出来事は、ますます増えています。技術は日に日に進歩し、昨日までは不可能だと思われていたことが、今日には可能になったりします。世界もまたますます狭くなっています。日本にいてもインターネットを使えば、世界の出来事を瞬時に知ることができます。こうして私たちのもとには、世界中の情報が洪水のように、津波のように押し寄せてきます。

こうしたなかでは、大学の勉強は本当に役に立たないのでしょうか。たとえばコンピューターの前に座ってインターネットで情報を集めている人がいたと想像してください。この人は「重要な情報」と「重要でない情報」を区別しなければなりません。ここで必要となってくるのが、この人の「頭脳」です。

大学はこの「頭脳」を鍛える場所なのです。みなさんの頭脳は高校までの勉強でも鍛えられてきました。しかし、高校までの勉強は大学入試がありますから、どうしても「暗記」に偏りがちです。「暗記」は頭脳に良いことは事実ですが、人間の暗記力などはコンピューターにはまったくかないませんし、年齢とともに衰えていきます。

そこで大学では暗記することよりも、「答えのない問題」に自分で答えを出す、ということを重視します。応用力を養っていくのが、大学の勉強なのです。つまりマニュアルがなくとも行動できる人間を養成したいのです。ですから、誰もが同じ答えを出す必要はありませんし、いろいろな答えがあってもかまわないのです。とはいえ、大学での勉強には、「答えがまったくない」というわけではありません。やはり基本的な問題に答えがあります。

経済学部では経済学を通じて頭脳を鍛えていきます。この経済学という学問は、現実の社会をみていくうえで威力を発揮します。ところで大阪産業大学の経済学部は経済学科と国際経済学科に分かれています。経済学科は4つのコース(経済学コース、福祉・社会経済学コース、ファイナンスコース、情報・メディアコース)から構成されています。この学科で公務員や教員、社会福祉、情報関連の仕事につきたい人に適している学科といえます。

国際経済学科にもまた4つのコース(国際地域経済コース、国際コミュニケーションコース、国際ビジネス・ベンチャーコース、情報・メディアコース)があります。この学科では海外のさまざまな地域の政治・文化・経済問題を最新の情報や海外での体験をもとに学ぶので、ベンチャー企業を成立し国際的な活躍を目指す人に適した学科といえるでしょう。