日常生活の中でよく見聞きする「高齢化」「景気」「格差社会」「企業活動」「金融」「環境」「福祉」 「情報」などのキーワードは、経済社会のなかで複雑に関連し合っています。 経済の仕組みを理解し、 経済活動と家計・企業のかかわりを考察していくのが経済学です。

前年に引き続き、経済学検定(ERE)・大学対抗戦で全国第4位に!

 経済学部・上級キャリアプログラムでは、民間優良企業、県庁や市役所などの公務員さらには大学院進学といったワンランク上の就職・進路を実現するために資格試験や検定試験にチャレンジしています。

 このたび、2016年7月に実施された経済学検定(ERE)の大学対抗戦に参加し、全国で第4位の成績を収めました。前年7月にも、全国第4位の成績を収めていることから、2年連続で上位にランクインしたこととなります。

 また、今回の参加者のうち山野井誠君と坂内一輝君は、EREミクロ・マクロ受験者942人中それぞれ第26位、第75位にランクインしたのみならず、大学対抗戦参加者のうち上位成績者に与えられる個人賞の第1位と第5位もそれぞれ獲得しました。

 EREを主催する特定非営利活動法人 日本経済学教育協会のHPにあるように、EREは経済学に対する学習成果の検証となることから、就職活動や大学院進学の際に役立つと考えられます。高校生のみなさん、大阪産業大学・経済学部に入学して一緒に勉強しませんか!!