国際シンポジウム

2006年10月20日(金) 大阪産業大学経済学部設立20周年記念国際シンポジウム
『ロック・ミュージックで考えるアジア共同体の可能性』
場 所:大阪差産業大学 多目的ホール

■プログラム

第一部 報告会・ディスカッション

司会:高増 明 (関西大学社会学部 教授)

 

12:50〜 開会挨拶

・戸谷裕之(大阪産業大学経済学部 学部長)

 

13:10〜13:30 発表@

・水嶋一憲(大阪産業大学経済学部 教授)

 

13:30〜13:50 発表A

・ファンキー末吉(日本・中国、ミュージシャン、音楽プロデューサー)

 

14:10〜14:30 ブレイクタイム

 

14:30〜14:50 発表C

・Choi Seok-Hyun(韓国、慶南情報大学 教授)

 

14:50〜15:10 発表D

・Wiroj Kwanthum(タイ、ミュージシャン、音楽プロデューサー)

 

15:10〜15:50 ディスカッション 

・(アジアにおけるロック、ポップ・ミュージックの交流とアジア共同体)

 

15:50〜16:00 閉会挨拶

・斉藤日出治(大阪産業大学経済学部 教授)

 

第二部 LIVE

Ghod(日本)
Ghod(日本)

 大阪産業大学経済学部の学生を中心に結成され、大阪、東京を中心に活動するギターロックバンド。2006年9月27日に、自身で設立したレーベルからファースト・ミニアルバム「レイテンシー」(RGCD-0002)を発売する。 メンバーはタミチ(Vo、g)、ヒロタ(g)、モリ(dr)の3人+サポート、カイ(Ba)。
Webはhttp://www.ghod.jp

Ah=SIN(韓国)
Ah=SIN(韓国)
 2006年3月にソウルのアンダーグラウンドシーンでもっとも重要な場所と言われているホンイク(弘益)大学前のライブハウスで活動していたメンバーを中心に結成。「アシン」とは「我信」(自分を信じる)という漢字の韓国式の読み方。それに英語のAh=SIN(AllhatedisSIN、憎悪は罪である)をかけている。メンバーは、ROWEN(Ba)、WHITY(dr)、ウンチョル(g)、KAICEY(Vo、g)、FRAN(key)の5人。独自のロックサウンドを追求する発展途上のバンド。
布衣楽隊(Buyi、中国)
布衣楽隊(Buyi、中国)
 中国の西北地区寧夏で結成され、現在、北京を中心に活動している。メンバーは、呉寧越(vo、g.)、張巍(vo、中国琴)、武鋭(vo、dr.)、林那児(Ba)。「布衣」とは、中国語で庶民を意味する。ロックに民族音楽を取り入れ融合させた独自のサウンドで注目される。人気と実力を備えた期待のロックバンド。代表曲に「三峰」「秋天」「自由的鳥」などがある。Webは、http://buyiband.blogcn.com

■当日の様子

Choi Seok-Hyun

Choi Seok-Hyun
  (韓国、慶南情報大学 教授)

ファンキー末吉

ファンキー末吉
  (日本・中国、ミュージシャン、音楽プロデューサー)

会場の様子

会場の様子

水嶋一憲

水嶋一憲
  (大阪産業大学経済学部 教授)

高増 明

高増 明
 (関西大学社会学部教授)

張 帆

張 帆
  (中国、北京MIDI音楽学校 校長)

Ghod(日本)

Ghod(日本)

Ah=SIN(韓国)

Ah=SIN(韓国)

布衣楽隊(Buyi、中国)

布衣楽隊(Buyi、中国)